淫羊霍(いんようかく)についてガイダンスいたします。

淫羊霍(いんようかく)

淫羊霍(いんようかく)とは、中国のホザキノイカリソウから調製される生薬で、精力増強に効果があるとされています。
ホザキノイカリソウを食べた羊が1日に100回も交尾するほどの強い精力を示したとの伝説があり、このことからこの名がついたとされています。

淫羊霍の含有成分は、精液の分泌を促進する配糖体エピメジン、イカリイン(フラボノイド類)、マグノフリン(アルカロイド類)などが明らかにされています。男性は勃起不全、女性は月経不順に利用されていて、心臓の悪い人は使用不可とされています。

ホザキノイカリソウ E. sagittatum (Sieb. et Zucc.) Maxim.は、メギ科の常緑で花は淡黄色です。
同属は25種ほどがアジアから南ヨーロッパにかけて分布しています。英語名はbarrenwort、bishop's hat、fairy wings、horny goatweedなどがあります。

日本ではイカリソウ(碇草、錨草 Epimedium grandiflorum var. thunbergianum)として本州の丘陵地の雑木林、四国の林間地区などに自生しています。高さ30cm~40cmの多年草で、4~5月頃に白または紫の花をつけます。本州の日本海側にはトキワイカリソウ、ウラジロイカリソウ(トキワイカリソウの変種で葉の裏に細毛がある)が分布します。

したがって、ホザキノイカリソウの淫羊霍に対して、イカリソウの方を和淫羊霍と呼ぶこともあります。ちなみに、イカリソウの名前の由来は、船の錨(いかり)に似た淡紫色をした花をつけることからこの名がついたといわれています。

なお、含有成分のイカリインは、一酸化窒素 (NO) の値を上昇させる作用があり、ホスホジエステラーゼ (PDE)-5に対する弱い阻害作用をもつとされています。これらにより平滑筋が弛緩し陰茎などの血流が増えて、勃起すると考えられています。その作用は、かなり弱いものの、PDE-5の阻害効果はバイアグラの成分であるシルデナフィルと共通の作用とされています。

藏鞭王の詳細やご購入について

藏鞭王商品紹介(安心の郵便局留め対応)

蔵鞭王PR1 蔵鞭王PR2
オンラインストア購入はこちら オンラインストア購入はこちら オンラインストア購入はこちら

当サイトでは、藏鞭王と九鞭王を実際に利用された方々から
送られてきた感想や体験談など公開しております。
購入する前に、利用者の意見を見ることで、本当に自分に合った漢方精力剤なのか、
又どれぐらいの効果があるのかなどの参考にしていただければと思います。

※藏鞭王や九鞭王の意見や感想も同時募集!

利用者の声を聞く

藏鞭王とは

九鞭王とは

利用者の声

粗悪薬反対