漢方精力剤の歴史についてガイダンスいたします。

漢方精力剤の歴史

漢方の歴史は古く、日本に初めて伝えられたのは6世紀半ば頃だと言われています。
以来、1000年以上もの長い時間をかけて、漢方は日本の風土や日本人の体質に適応した伝統医学として発展してきました。

このように長い伝統を誇る漢方ですが、世の中には「古くさくて、現代では通用しない」と考えて漢方を軽視する人がいます。
だからといって漢方が時代遅れかといえば、そんなことはありません。

確かに、現代における西洋医学の発展はめざましいものがあります。
特に新薬開発の成果には目をみはるばかり。
20世紀の後半には新薬開発のおかげで恐ろしい感染症が激減し、その結果平均寿命が大幅に伸びています。

しかし、平均寿命が伸びて社会の高齢化が進む一方で、成人病と呼ばれる慢性疾患の比率が高くなってきました。
さらには、仕事や人間関係からくる心因性ストレスが増大し、精力減退やEDと呼ばれる勃起不全などに悩む人が急増しています。

これらの「現代病」に対して、西洋医学では十分な治療効果が出ないことがあります。

その一方で、漢方の精力剤はまさしく、この「現代病」にすぐれた効果を発揮する場合が多いのです。

漢方薬は西洋薬と違い、生薬のみを組み合わせて作られ、その効果は比較的ゆっくりとしていますが、身体的のみならず精神的状況も治療の対象としているため、慢性的な病気や全身的な病気の治療など複雑.多彩な症状に効果を発揮します。

そこで、近年になってふたたび、漢方が見直されるようになってきました。

漢方に対する精力剤としての期待は年々高まっています。
それだけでなく、科学的な研究により漢方薬の精力剤としての効果が西洋医学からも認められてきています。
西洋でも「ハーブ」と呼ばれ根強い人気と伝統があるのをご存知でしょう。

現在では、西洋医学を修めた医師も漢方薬を処方しており、大学病院や総合病院でも漢方外来をもうける施設が増えてきているのをみてもお分かりいただけるでしょう。

また現代の抽出技術の向上により、漢方精力剤は昔に比べるとかなり進化しており、最近の精力剤の主流は漢方生薬を主成分として様々な生薬を調合したものです。したがって、精力増強や勃起力アップなど下半身に効果的な作用ばかりでなく、健康改善や滋養強壮、疲労回復など身体全体に効果的な作用が期待できます。

漢方剤の歴史を知り、漢方剤への考え方を見直していきましょう。

藏鞭王の詳細やご購入について

藏鞭王商品紹介(安心の郵便局留め対応)

蔵鞭王PR1 蔵鞭王PR2
オンラインストア購入はこちら オンラインストア購入はこちら オンラインストア購入はこちら

当サイトでは、藏鞭王と九鞭王を実際に利用された方々から
送られてきた感想や体験談など公開しております。
購入する前に、利用者の意見を見ることで、本当に自分に合った漢方精力剤なのか、
又どれぐらいの効果があるのかなどの参考にしていただければと思います。

※藏鞭王や九鞭王の意見や感想も同時募集!

利用者の声を聞く

藏鞭王とは

九鞭王とは

利用者の声

粗悪薬反対